スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.02.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    der Vorleser

    0

       今週から、一限の授業がなくなってしまいました。5人以上ならば開講されるというルールがあって、先週4人になってしまったのです。朝早いから辛かったけど、先生には3月初めてドイツに来たときお世話になったので、彼女に会えなくなるのはとっても悲しいです。

       さて授業といえば、今読んでいる"Der Vorleser"。日本で出版されているタイトルは『朗読者』。確か去年くらいには『愛を読む人』として映画化もされています。その内容は、
      「主人公ミヒャエルは学生時代(15歳)、年齢が倍もの女性ハンナと出会い、2人は恋愛関係に入る。ハンナは怒りっぽく、よく喧嘩になる。けれども、喧嘩の後は献身的で甲斐甲斐しくお風呂に入れてくれる。けれど突然の別れ。
       再会は、ミヒャエルが大学生になったとき、法学のゼミナールの一環として見学に行った裁判所。ハンナは、被告団の席に座っていた」

       前半はミヒャエルが感情的にハンナを捉えているけれど、後半に入ると客観的に彼女を見るようになる。その過程で明らかになるのが、ハンナが読み書きの出来ない人物ってこと。市電の切符切りをしていて、昇進を勧められつつも、自分が文盲であることを公に出来ず、職を変える。それは、ナツィに加担する道に繋がってゆき、最終的には、被告団の中でも一番悪かった、という烙印を押されてしまう。

       職務中の判断や、文盲であることを公に出来ずにここまで歩んでしまったことに対する過ちは、確かに彼女にあるのだけれど、その状況を招いてしまったのは彼女だけの責任ではないかもしれない。
       裁判を見守る過程で、ミヒャエルは彼女が文盲だということに気づきつつ、(前半部では、メモを巡って喧嘩になったり、ベッドの上で朗読をしたりというやり取りがあるわけです)けれども彼女の意図を察し公にすることもできない。そうして彼女は刑を言い渡される。どうすべきか。それは法律が応えてくれう問題じゃありません。
       著者は法学者。法学という分野では扱えない法律を文学において問うた作品です。

       ナツィは今のドイツにも影響を与えています。
       昨日は、ニュルンベルグ裁判記念館がオープンしました。今日から一般公開されています。近いからね、行きたいよね。私はまったく知らなかったのですが、母が教えてくれました。いや、現地人より情報が早いって!

      Memorium Nürnberger Prozesse
      http://www.memorium-nuernberg.de/index.html


      Subabe oder Wundersames aus der Fremde

      0
        Rafik Schami
        Herder Verlag GmbH
        (2000-05)


         今、授業で読んでいるテキストです。
         タイトルにあるSubabeちゃん、実はハエで主人公のペットなんですね。
         この主人公、実は我がままでペットなんて気に入らん!と豪語しているような人物。
         だけれど話も出来て(初めは)利口なSubabeにほれ込み、以前は嫌っていた親ばかのような振る舞いをし始めてしまう。
         けれど、そんな時にSubabeではないSubabeが登場。
         彼女曰く、「私達ハエは皆Subabeで、あなたの知っているSubabeはもう亡くなったけれど、彼女が得た知識や情報は私たち全員が共有しているのよ♪」

        という、ちょっとスピリチュアル的で、見方によっては個人と集団が対比されているかのようなお話。
         不思議な世界観をもつ著者です。
         えがから聞いた話によると、この作者の話はどれもこんな感じなんだとか。
         話は面白いけれど、朝8時半という早さが問題…


         そういえば、ドイツに来た当初たまたまテレビで放映していた"Hangover"という映画を見ました。
         コメディ映画だということは一緒に見ていたドイツ人の大笑いで気づいたのですが、話はさっぱり分かりませんでした。笑
         この映画、どうやら7月には日本で公開されるようです。
         興味ある方は是非。↓
        (url: http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/
         
         


        IM WUNDERBAREN PUPPENLANDE

        0
           まなみちゃんへの出産祝いを求め、おもちゃ屋さんやベイビーショップを探しました。
           いやぁ随分とあるわあるわ。
           まず寮の近くにアルカーデン。
           服や雑貨を扱う店を中心に、本やカフェなどが集まった複合施設?
           H&Mやスタバも入っています。ジェラートは0.9ユーロ!
           で、子ども服を売るお店に行ってきました。
           けど出産祝いって、赤ちゃんではなくまなみちゃんに送るもの?
           と考え直し、アルカーデンを出て小物屋さんをぶらぶら。
           あてもなく自転車を転がしているうちに、可愛らしいお店に出会いました。



           ウィンドウに飾られているのは、子供の洋服!
           けど小さすぎたから、もしかしたら飾り用なのかもしれないけれど。
           他にもカップのセットや生活雑貨が置かれた、素敵なお店でした。
           店員さんも落ち着いた女性で、出産した友人に贈り物をしたいと拙いドイツ語で話す私に色々とアドバイスをくれました。
           結局決まらなかったんですけどね。あらら。

           で、そこのお店で買った絵本。↓
           贈り物を買いに行ったのに、別のものに目が眩んでしまった…
           けど絵本じゃ仕方ないよね、だって好きなんだもん。
           言い訳しつつ、帰ってすぐに読みました。
           クリスマスの本でした。時期外れだねー

           

           内容はシンプル。
           Weinachtmannから小人さん達はあるお願いをされ、
          /燭鹵罎両人さんが示すように、種から人形を育てる。
          ∈犬両人さんが示すように、人形を身繕いをする。
          1Δ両人さんが示すように、人形を教育する。
           ドイツの教養小説みたいな流れですかね。
           で、最後は人形が子どもたちへのクリスマスプレゼントになるため、Weinachtmannに背負われてPuppenlande(人形の国)を去るというお話。

           小さい頃お気に入りだったDisneyのアニメを思い出しました。
           それもクリスマス直前にサンタさんとその小人たちが、子供達のためにプレゼントを作るというお話なんですね。
           絵は可愛いし、廻りあえたなぁと思える一冊でした。

          1

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          PR