スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.02.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Moniとのお茶会

    0

       この1年、私のBuddypartnerを務めてくれたMonika。コンサート前で忙しい彼女をつかまえ、今日、帰国前の最後のお茶会をしてきました。場所はカフェSax。紅茶好きな彼女は、コーヒーではなくホットチョコレート。それを真似して私もホットチョコレート。今日みたいに雪がちらつく寒い日は、暖かいものが特に美味しく感じます。

      「今までありがとうね」
      「ドイツに来たら、連絡ちょうだいね」

       会おうと思えば会えるから、これが今生の別れではないのだけれど、それが分かっているのに寂しくなるから不思議。


       使わなかった和食を次の学期も残る日本人に分けあげて、大事なものは日本に送って、残ったものを捨てたり、スーツケースに詰め込んだり。どんどん物が減って、広く感じる部屋を前に、なんだかドイツに来た頃に逆戻りしたような気持ちになります。
       何か変われたかなぁって思うけれど、自覚出来るほどの変化が起こっていないような気がして愕然としたり、元気にここまで生きられたことに感謝したり。

       今日も慌しい一日でした。


      すみれの花の砂糖づけ

      0

        「すみれの花の砂糖づけをたべると
         私はたちまち少女にもどる
         だれのものでもなかったあたし」

        江國香織『すみれの花の砂糖づけ』


        アブラナ科

        0



           日本では見かけない野菜が、いくつかあります。今日はそれを使ってスープを作ろう、と買い物に行って来ました。というのも、来週月曜日は「諸聖人の祝日Allerheidigen」というお休みの日。(これは日本でいうお彼岸のようなものらしい。)で、祝日は日曜同様スーパーが閉まってしまうから、買い込まねばなりません。

           ↑日本ではなかなか見かけない、写真左手の緑の野菜、コールラビ。(ドイツ語だとコールは「キャベツ」を、ラビは「カブ」を意味します)キャベツもカブも、アブラナ科。
           そして写真右手の赤い野菜は、以前話したラディッシュ。日本語名「赤丸二十日大根」。大根!?が、これもアブラナ科。
           意図せず、アブラナ科ばっかりのスープに。

           他にもコールラビは、サラダやソテーにも出来るのだとか。醤油がまだあるので、今度は和風で食べてみたいなぁ。


          和食の会 第十一弾

          0

             いよいよ登場、餃子メーカー!!私の誕生日にこすもとマツが送ってくれたもので、ついにお披露目です。大小と2こあったので、皮も2つの大きさを作り、メーカーに乗せ、肉を盛り、パカッと2つに折ると…
             きれいな餃子に。↓



             さぁ、これから今日はBuddytreffpartyがあります。私のBuddyであるMonikaと久しぶりに会うのです。今彼女は新しい留学生SilbiaのBuddyもやっています。ちょうどSilbiaはSprachkursが同じクラスだった、イタリア出身の女の子。ではでは、行ってきまーす。


            和食の会 第十弾

            2

             気づけば早いもので和食パーティも十回目を迎えました。今日は和食が恋しくなってFacebookで叫んでいたあみちゃん、を見兼ねたアリー主催のカレーパーティ。随分と人が集まり、我が寮Henkestrasse一階の共同部屋がいっぱいになる、14人!!
             山中先生(エアランゲン大学の日本学の先生です。ありがとうございます!!)から頂いたチョコレートと、母が持ってきてくれた八つ橋(大好評でした、ありがとう!!)というお菓子付き。

             昨日はかおりんとSamuiでカレーを食べたばっかりだったけど、やっぱり日本のカレーは懐かしい味がするのねぇ。ふるさとの味。幸せな一時でした。


             さて、7〜12日、スペインに帰国したJoanaとLuciaを訪ねます。旅仲間は大石とゆうなちゃん。Joanaはバルセロナから電車で一時間のところに、Luciaはラ・コルーニャに住んでいます。スペインは海鮮も美味しいんだろうなぁ。個人的にはガウディの建築物が見られることに心浮き立っています。そういえば、バルセロナは美術館も充実していたはず。
             旅行中、連絡はとれなくなりますが、ご心配なく☆


            Stollen

            0



               ↑シュトレン:干しぶどうやアーモンド、レモンの皮の砂糖漬けを入れた、クリスマス用の菓子パン。周りは白い粉砂糖がまぶされる。(保存のためと言われるこの粉砂糖、一説によるとイエスが生誕時にくるまれていた白い布を表現しているのだとか)

               クリスマスの時期だけ店頭に並ぶ(といっても、最近は探せば年中見つかるそうですが)、シュトーレン。今年も母と玉置さんと旅行をしている時辺りから、見かけ始めました。これは縦の長さがフォークと同じくらいの小さめサイズ。本来はもっと大きく、このフォークがシュトレンの横の長さになるくらい!!種類はバターとマジパンの2種類。
               冬だけ見かけるといったら、バームクーヘンやグリュワインも。

               そうそう、グリュワインといえば、先生が毎年手作りしてくれていました。美味しいんですよねぇ。
              材料:グローブ、オレンジの皮、八角、シナモン、砂糖、安いワイン(高くて、ワインだけで飲めるものはグリュワインには向かないそうです)
              作り方:
               屮哀蹇璽屐▲レンジの皮、八角、シナモン」をティパックなどのパックに詰め、鍋にワインと共に投入。
              中火でことこと。沸騰したら弱火でことこと。(その後、15分位でアルコール分は飛んでいくそうなので、アルコールを残すかどうかはお好みで)
               出来上がり。

               
               どんどん太陽を見かける機会が減っていき、夏は6時半に隣の建物から顔を出していた朝日が、今や8時半を過ぎてやっと頭が見える程度…
               けれど、その代わり。ドイツでは雪がたくさん降るんですよ。埼玉よりも、東京よりも♪それがとっても楽しみで、ホワイトクリスマスだなぁと今からワクワクします。


              炊飯教室

              0

                の始まり〜♪今日いよいよ、ドイツに来て初めてご飯を炊きます!!いえいえ、別に怠けていたわけではありません。ただちょっとドイツにあるもので生きてみようって思っていました。が、先日寮の同居人Neimeがご飯を炊いていて、あんまりにも良い匂いで、どうしても食べたくなってしまったのです。
                 ということで、先生登場。ゆうなちゃん!!他の地に留学している学生は炊飯器も持っているらしいのですが、エアランゲン在住の留学生(特に一年間の留学生)は大抵お鍋で炊いています。

                炊き方:
                1、お米を洗い、15分水に浸す(水の分量は、お鍋にお米を入れたとき、お米の表面から小指の爪一つ分)
                2、強火で沸騰するまで炊く
                3、沸騰したら中火にする
                4、火をつけてから15分経ったら、混ぜ合わせて、10分蒸らす
                以上。

                 ドイツで日本のお米Shinode(漢字では「日の出」と表記されています。『のだめ』にも出てくる有名なお米)はとっても高いので、Milchreisというミルク粥用のお米を使います。とーっても美味しい!!パンやパスタは食べれば食べるだけ腰周りに迫力がつくのですが、お米はそうでもないもんね。と言っても油断は禁物。食欲の秋に向けて、頑張れ自分!




                 さぁ、これから日本から来るまいを迎えに行ってきます。半年振り!!こうして友達が来てくれるのが本当に嬉しくてなりません。ちょっとドキドキ。ではっ。


                おみやげ

                0

                   パリにスイスにブリュッセルと旅してきたえがからのお土産。↓



                   右は飴、左は…小便小僧のチョコレート。青って!?
                  「きもかわいい」というやつでしょうか。ちょっと飾っておこう。いひひ。


                  お蕎麦

                  0

                     こすもがお土産にくれたお蕎麦、3人分。たっぷりあるので1人で食べるのは勿体ない。折角なので皆で食べようと思い、今日小さなパーティを開きました。ちょうど会った人に声をかけていって、アリーにAndreaにTika。それじゃあ侘しいから、と野菜と卵。ついでにゴマ豆腐もあったから一緒に。ゴマ豆腐は母が以前送ってくれたもので、葛をゴマと混ぜ溶かし、冷やせば完成!!
                     食べ物を、ありがとう。来てくれて、ありがとー。




                     明日はLuciaのパーティ。彼女は7日にスペインに帰国してしまうから、おそらく最後のパーティ…でもないかもしれないけれど。(苦笑)来月頭は出かけているので、チャンスかなと思い参加してきまーす。
                     そして9月になれば、今度は新たな留学生たちが続々とやってくるわけです。世代交代ですね。


                    お好み焼き

                    0

                       なぜか再び「食」シリーズになっていますね。授業がないと必然的に人と会う日が多くなるので、食も旅行も増えるというもの。学生最後の夏休みを満喫しないとね。

                       ということで、この前母が送ってくれた荷物の中にあった、お好み焼き。アンドレアと作りました。朝から2人で買い物に行き、わさわさ。



                       やっと出来上がったランチ!作るのは簡単な料理だけれど、2人でやっていると「これは何、あれは何」という話が尽きないので、中々進みません。いやぁ、これが醍醐味なのです。母国語ほど聞かれて困るものもないです。だって普段無意識に使っているものだからねぇ。頑張ってお互い話した後だからこそご飯も美味しいー。
                       そうそう、今私はアンドレアにドイツ語で話し、アンドレアは私に日本語で話すというスタイルを実践中。前はドイツ語を話すときはドイツ語を、日本語を話すときは日本語をと分けていたのですが、どうしてもドイツ語に偏ってしまうので、前回から(他のペアがやっている)このスタイルを始めてみました。が、今日さっそく崩壊…そして今日一番盛り上がった話題、「食べてすぐ寝たら、牛になっちゃうよ」。うーん。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR