スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.02.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    真理

    0

       もうクリスマスも過ぎたし、年明け一週間も越えたし、ということで、そろそろ留学まとめブログに姿を変えようかと思いました。日常を綴るだけじゃなくって、考えたこと、思ったことを言葉にしておこうか、と。
       それに合わせ、タイトル下の挨拶を変えました。何人か気づいてくれた方がいて嬉しいです。ありがとうございます。
       この言葉は、Gotthold Ephraim Lessingという、1729年生まれのドイツ人作家のものです。 

      "Jeder sage, was ihn Wahrheit dünkt, und die Wahrheit selbst sei Gott empfohlen!"

       レッシングは「賢者ナータン」や「エミリア・ガロッティ」といった劇作品を残していて、カントやゲーテに影響を与えました。ハンナ・アレント(今、私が読んで論文にしている政治哲学家)にも。
       で、レッシングさんは友達にこう書いたのです。

      「銘々、真理と思うものを語ろう。そして真理そのものは神に委ねよう!」


       まだドイツ語を始めたばかりの頃、アレントのテキストの中で出会った言葉です。こういう考え方が出来る人が使う言葉っていいな、ってただ単純に思って読んでいました。(「神」は唯一神ではなく、あくまで「人間のあずかり知らぬ事柄を扱うもの」という意味で)
       よく私の先生も、
      「神は、右手に真理を、左手に真理へ至る道を差し出した。真理はそのままに、私は真理へ至る道を選ぼう」
      と話して下さいます。(誰の言葉だったか忘れてしまったけれど、これもドイツ人の言葉じゃなかったかな。確か。…ごめんなさい)

       ドイツでの経験によって私の中で変わったものも多いけれど、留学前も、そして今1年近くを過ごした今も、変わらずに思います。
      「銘々、真理と思うものを語ろう。そして真理そのものは神に委ねよう!」
      と。
       真理が一つというのは、実際怖いことなのだと思います。
       主義主張や信念はそれぞれあるけれど、それを絶対真理として他の人にも押し付けた結果生まれた争いがどれだけあるのだろう。自分たちの真理を唯一とするために、どれだけの「敵」や「悪」と呼ばれるものを生み出したのだろう。

       誰かと生きるっていうことは、自分の真理を語り、他の人の真理に耳を傾け、否定するでも肯定するでもなく、(時にはそういうこともあるだろうけれど、)了解し合うってことなのかなと思います。
       この留学で更に実感したこともまた、

      "Jeder sage, was ihn Wahrheit dünkt, und die Wahrheit selbst sei Gott empfohlen!"


      Harry Potter

      0

         今日はAndrea達と連れ立ってHarry Potterを見て来ました。本でいうと7巻目。次の後編がラストなのねぇ。早いものです。なんだかラドクリフ君の成長を見ると、随分時間が経ったんだなぁと実感。
         やっぱりメインは友情。けれどハリーポッターって、なぜこの人が死なねばならないのかが分からない場合が多い。死によってヴォルデモートの恐ろしさと無謀さを表そうとしているのかもしれないけれど、それに対するハリーの正当性を押し出そうとしているのかもしれないけれど、死は嫌ですね。


        Advent

        0

           今日は待降節。クリスマス前四週の第一週目です。
           お昼は知り合いの家で、手巻き寿司を頂きました。その前にちょっとお散歩。明日からはまた雪が降り寒くなるので、日差しがある内にシュロスガルテンに行きました。数日降った雪が見事に積もっています。きれい。お店にはクリスマスの飾りつけが。↓



           明日はニュルンベルグのクリスマス市に行ってきます。


          Erlanger Weihnachtsmarkt

          0
             昨日26日から、エアランゲンでもクリスマス市が開かれています。中央広場と教会前の二箇所で開かれているのですが、週末ということもあって大盛況!今日行ってみたけれど、見事に人でごった返していました。けれど寒い日こそ、人とより集まる愉しみがあるのよねぇ。グリュワインを飲んで、キャラメルでコーティングされたナッツをつまみ、出店を見て回りました。
             第二待降節の週(つまり来週)はシュトゥットガルトの、第三はウィーンの、そして第四にはHamburgのクリスマス市に行く予定です。

             市ではグリュワインやコーヒー、ナッツやスープといった食事のお店はもちろん、皮製品やツリーのオーナメント、アクセサリー、台所用品など幅広い商品が扱われています。今日はお土産にグリュワインのパックを買いました。↓



             バックに写っているのは、Andreaがくれたアドヴェントカレンダー。彼女が小さい頃から貰っているお店のカレンダーらしいです。開けるのが愉しみ♪ 

            親知らず 3

            0

               やっと抜かれました、親知らず。
               麻酔をぴっとして、5分後、あっという間に抜歯。その時間、おそらく1分も経っていないでしょう。すごく早くて、スマートで、残り1本となった親知らずもここで抜きたいくらい!早く生えてくれないかしら。

               その後、Advent Kalender交換会のため、えがとかおりんと一緒に夕食作り。すき焼き風味のマロニー炒め、匂いだけでも美味しそう。なのに私は食べられない…昼ご飯も食べてなかったから、いやぁ沁みますね。けど歯が痛みもしないので、喜びの方が勝ってるとでも言いましょうか。なんと言ってもカレンダーも手に入ったわけだしねー。
               もともとAdventとは待降節のことで、クリスマスの四週前の日曜日を指します。 今年は28日。だけどKalenderは12月1日から、1こずつ窓を開けることが出来ます。なぜAdventからじゃないのかは分かりませんが、早く1日にならないかなぁ。

               そういえば、今日Erlangenに雪が降りました。Kathi曰く、22日の深夜に降ったのが初雪だったらしいけれど、私にとっては今日が初雪。少し振っただけで止んでしまったけれど、どうやら明日も明後日も雪の模様。楽しみだなぁ。


              イード・アル=アドハー

              0

                Eid ul-Adha:イスラム教の祝日の一つ。アブラハムが、アッラーに自分の息子を捧げたのが始まりだとか。ラマダン明けのお祭りで、ヒジュラ暦12月10日から4週間続きます。で、今年の暦だと、今日11月16日がそれに当たるのです。

                 私の寮3階には、以前からコーランの謎があったわけで、なんだかんだとムスリム率が高い階です。で、私の目の前の部屋の女の子Zeynepもそうでした。他にはNeimeとか、Jackも。
                 たまたま彼女と廊下で会ったのを引き止められ、
                「今日は私たちの宗教のお祝いの日で、たくさんご飯を作ったし、買い物もしたから、あきも是非食べて」
                と言われ、林檎を3つも頂いてしまいました。このお祝いのあいだは、慈善行為を施すのが良いらしく、私が林檎をもらったのもその一貫なのかな。

                 普段意識することはないけれど、やっぱりキリスト教徒やムスリムに会う機会は、日本よりも格段に増えます。というよりは、誰かと話していると、名前や趣味を聞くのと同様に、出身とか宗教の話題になるかな。日本で出会えなかった祝日、祭日に会うと、新しいイヴェントを知ったような気になれて、とっても楽しいです。


                友達

                0

                   Gute Freunde sind wie Sterne.
                   Du kannst sie nicht immer sehen
                   aber sie sind doch da.

                   (良き友とは星のようだ。
                    それは、いつも見れるというものではない。
                    けれども、確かにそこにあるのだ)


                   こすもがドイツに留学していたとき、つまり今から4年も前の2006年、よく絵葉書を送ってくれました。その中の一つに書かれて、一目で気に入ってしまったもの。
                   当時はドイツ語はさっぱり。けれど、こすもの訳でとっても好きだなって思ったのです。
                   星は、空が雲に覆われている夜も、太陽に照らされている昼も、姿は見えないけれど確かに空にある。だけど私たちが目にすることが出来るのは、曇りのない澄んだ空に浮かんでいる星だけ。
                   友達って、実際に会って遊んで語り合う関係もあるけれど、会わずにその人の行き方だけ垣間見る関係っていうのもあるんだなって最近思います。メールも手紙もなし、けど「あの人ならしっかりやっているだろう」って信頼出来て、私も頑張ろうって思わせてくれる友達。
                   物理的な距離が、時差があるからこそ、何かあったらすぐに出向くことが出来ないからこそ、「信頼する信頼される」ということが、とっても重みをもつ、今日この頃。


                  日曜礼拝

                  0

                     今日はDreifaltigkeitskircheという、旧市街にある教会のミサに参加してきました。

                     というのも、昨日あった日本人(中心の)留学生交流会に行く途中、「オルガンコンサート」というポスターを見て、行こう!!と盛り上がったからなのです。開始は9時半。
                     今朝、私が起きると8時。もちろん9時半には間に合うのですが、サマータイムが終わったので、時計の針を巻き戻すと、7時。時間がたっぷり〜、となんだか得をした気になります。自動的に、早起きに。うふふ。

                    「オルガンコンサート」
                     ポスターには、「バッハ」とも大々的に書かれていたのに、教会に入ってビックリ。どうやら、日曜ミサだったのです。けれど良い機会だよね、ということで、そのまま着席。Danielが渡してくれた賛歌集を持って、準備万端。
                     バッハ(1685-1750)はドイツ出身の音楽家。彼に関しては、『のだめカンタービレ』では、対位法なんて難しい言葉も出てきます。さっぱり分かりません。けどカチカチした論理的な音楽を作る人、というイメージ。今日のリストは、↓

                     Ach Gott, vom Himmel sieh darein
                     Nun freut euch, lieben Christen g'mein
                     Vater unser im Himmelreich
                     Ein feste Burg ist unser Gott


                     そして、今日、1517年10月31日は、マルティン・ルターが、ヴィッテンブルグ城にある、教会の扉に「95か条の論題」を貼り付け、宗教改革のきっかけを生んだ日。そのため「宗教改革記念日」でもあります。Dreifaltigkeitskircheはプロテスタントなので、牧師さんのお話はルターについてぺらぺら。教会は声がよく響く!!なので、お話自体はよく聞き取れなかったのだけれど、声が響くと言うことは、オルガンも響くわけです。
                     バッハは教会のオルガン師。そして彼が生きていたのは、まさにオルガン全盛期。世界的に見ても、この時代、特に北ドイツではオルガンの建造に力が入れられていたのだとか。教会の音の響きを知っていて、オルガンの音の拡がりを知っていて、だからこそのバッハのオルガン曲なのかなぁ。


                    樋口了一『手紙 〜親愛なる子供たちへ』

                    0
                       去年の年末、宮城でおばさんとテレビを見ていたとき、出会った曲。おばさんがよく知っていて、とても良い歌なのだと教えてくれたので、iPodに入れたのだけれど、普段iPodをシャッフルして使っている私。ドイツに来て、今日初めて流れたんじゃないかなぁ。思わず、タイピングの手を止め聞き入ってしまいました。

                       樋口了一さんは、「水曜どうでしょう」の『1/6の夢旅人』を歌っていたことでも有名な歌手さんです。この曲は、差出人不明の、それもポルトガル語のメールを受け取った樋口さんの友人が、それを訳した上で彼に紹介したのが作曲のきっかけだったとか。8分半の大作!!
                       「年老いた親から、子供への手紙」という内容を歌ったものです。年齢を重ねるごとに、子どもは色々なことを覚えて、自分で出来ることが増えていくけれど、大人は反対に、手足が覚束なくなったり、物覚えが悪くなったり、今まで普通に出来ていたことが段々と出来なくなるもの。大人は子どもが「出来るようになったこと」を見るけれども、子どもは親が「出来なくなった」ことを見る。
                       だけど、接し方は一緒。

                       「年を取って 同じ話を繰り返すようになっても さえぎらないで話を聞いてね」
                       「私が あなたの小さい頃 せがまれて同じ絵本を何度も読んだように」

                       「足が衰えて 一人では立てなくなったら あなたの手を貸してね」
                       「あなたが か弱い足で立ち上がろうと 私に助けを求めたように」

                       ドイツに来てから、おばあちゃんと腕を組んで歩いているおばさんによく出会います。歩くのに腕を貸しているだけなのだけれど、車椅子を押すのとは違っていて。どこか不自由な人と一緒に何かをやるっていうことは、「助けよう」とか「何かをやってあげなきゃ」とかいうのではなく、実はとてもシンプルなことなのだと思わせられます。

                       「あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように
                       私の人生の終わりに少しだけ 付き添って欲しい」


                      by youtube: http://www.youtube.com/watch?v=iPhXb3megHI

                      接吻

                      0

                        Kus by Franz Grillparzer

                        "Auf die Hande kust die Achtung,
                         Freundschaft auf die offne Stirn,
                         Auf die Wange wohlgehallen,
                         Sel'ge Liebe auf den Mund;
                         Aufs geschlosne Aug' die Sehnsucht,
                         In die hohle Hand Verlangen,
                         Arm und Nacken die Begierde,
                         Ubrall sonst die Roserei."

                        (手の甲には尊敬の接吻を、
                         友情なら額に、
                         頬には喜びを、
                         至福の愛なら唇に。
                         瞼には憧れを、
                         掌には願望を、
                         腕と首筋なら欲望、
                         それ以外は狂気の沙汰。)


                         Franzはウィーン出身の劇作家。この詩は1819年に世に出たものだそうです。
                         『接吻』というとKlimtの絵やOriginal Loveの歌を思い出すけれど、こう部位を具体的に提示されて意味づけされると、色々なシチュエーションを思い描いてしまいます。手の甲の接吻なんて、中世の騎士物語りらしいし。再会を喜ぶときは両頬に接吻をするし。(ギリシアでは3回、スペイン、イタリアではは2回だった気が…)それ以外は狂気の沙汰っていう表現もまた正直ですよねぇ。「接吻」ときて思いつきそうな単語「恋」、これが詩にないってことは「それ以外は狂気の沙汰」に含まれるってこと。燃えるような恋なんて、狂気以外の何ものでもないですもんね。



                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR