スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.02.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ROSE

    0

       昨日、久しぶりにえがと会い、そのままEnglish Roseの話になりました。英国の薔薇よ、永遠に。確かダイアナ妃が亡くなったとき、Elton Johnが「Candle in the Wind 1977」で歌ってました。
       ドイツでも、公園に行くと薔薇をよく見ることができます。ErlangenのSchlossgarten然り、MuenchenのResidenz然り。日本よりも、見かけるその種類も多様だし、マーケットで手に入る値段も安いし、身近な花なんですね。

       薔薇と言うと、以前はるみが教えてくれた『薔薇の名前』を思い出します。ちょっと怖い本。

       stat rosa pristina nomine, nomina nuda tenemus.
       (以前の薔薇は名に留まり、私たちは裸の名を手にする)

       名前が先か、物体が先か。つまり形式が先か、実質が先か。
       薔薇ってなんだか秘密めいた香りがします。『秘密の花園』とか、『不思議の国のアリス』とか。ドイツ語でも「unter der Rose 薔薇の下」が「内密に」という意味になるんです。もともとはラテン語sub rosaから来ているのだけれど、薔薇の下に隠れている秘密だなんて、詩的ですよね。
       


      スポンサーサイト

      0
        • 2011.02.02 Wednesday
        • -
        • 19:58
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        なぜその話になったかは秘密にしておいて下さいね笑。

        言葉って素敵です、色々な言語で。
        そんな作文4000字、今まだ2100ぐらい!笑。
        • mari
        • 2011/01/10 8:44 AM
        ご安心を。笑

        って、今2100なの…
        viel Glück!
        • あき
        • 2011/01/10 5:59 PM
        私もこの景色、間近で見てみたい!
        • botandourou
        • 2011/01/17 3:44 PM
        本当に綺麗ですよー。
        そういえば、国分寺にはあかし先生オススメのローズガーデンカフェがあるのだとか。一度行ってみたいですね。
        • あき
        • 2011/01/19 10:52 PM
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR