スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.02.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    のだめ

    0
      のだめオーケストラ,エデルマン(セルゲイ),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,ラン・ラン,東京フィルハーモニー交響楽団,池田昭子,太田雅音,金子鈴太郎,小山清,ペク・ジュヤン
      (2009-12-09)

       見たい…
       いつか。来年帰ったら。
       絶対見るー!!

       樹里ちゃん良いよねぇ。


      Dokumentationszentrum Reichsparteitagsgelände

      0

         昨日Nürnbergへ行くのに使った切符が今日も使えるということを教わり、まなみちゃんと共に再びNürnbergへ。
         今日はDokzentrumへ行ってきました。
         1933-38年のあいだ、毎年ナツィの党大会が開かれていた会場の跡地、Zeppelinfieldの近くです。
         ヒトラーの、ドイツに未だかつてない雄大な建築物を築こうという意図により計画された円形の建築物は、ローマのコロッセオをモデルに建造されていたものの、未完成のまま終戦を迎え、その一部が今は資料館として利用されています。

         歴史あるカイザーブルグが残り、綺麗な教会や広場、イベントも多いNürnberg。
         けれどその一方で、かの悪名高き「ニュルンベルグ法」や24人の戦犯が裁かれた「ニュルンベルグ裁判」など、ナツィとの関わりが色濃かった都市であることも事実なのです。

         


         ↑ 黒いポスターに書かれた文字。
         "Faszionation und Gewalt" 魅惑と暴力
         ナツィのプロパガンダを示しているのかな、おそらく展示のタイトルだったのではないかと思われます。
         館内ではリスニングガイドを借りることが可能。(英、独、仏、西、ポルトガル語)
         まなみちゃんと私はドイツ語のものを借りました。
         解説の多くは展示物の脇に明文化されているものと同じ内容なので、集中力が保てば大丈夫!
         その内容はナツィの権力掌握、戦争過程、戦後の裁判と順を追って資料や解説、ビデオが配置されていました。

         ErlangenのSchlossplatzでも行われていた焚書。
         強制労働で石切をしたおじさんの証言。
         ニュルンベルグ裁判における法廷の様子。

         全て回りきるのに2時間前後といったところでしょうか。
         笑顔で右手を上げる人々が大挙するフィルムに寒気を感じました。
         そして本当に怖かった。
         歴史資料館ではあるものの、加害者としての側面を強調しているように思えました。
         それがまたドイツの第二次世界大戦に対する姿勢を表しているようにも見えました。
         


        URL : http://www.museen.nuernberg.de/dokuzentrum/


        Die Blaue Nacht in Nürnberg

        0

           昨夜に引き続き、今夜も出歩きます。
           今日はお隣の都市Nürnbergで。
           その名も「青い夜」!!
           市内の中央を青く染めることから名づけられたらしいけれど、なぜ青く染めるかは分かりません…




           街中いたるところが青いライトで照らされ、今日だけは街頭も青いものに換えられます。
           カイザーブルグ(城跡)や教会も青く彩られ、青い風船や青いライトをもった人が練り歩く様子はとても綺麗でした。寒かったけどね。
           そもそも、今日はFlamencoの先生から「Blaue NachtではFlamencoのショーがあるのよ」と聞いて出向いたのだけれど、インフォメーションで聞いても分からず、パンフレットにも見付けられず…
           という状態だったので、買い物をし、チョコバナナを食べ、カフェに入り、青にライトアップされた市内を散歩し、この時期に飲めるというアルコール濃度が通常の3倍のBockbierを楽しみました♪

           ↓ カプチーノの泡まで染まる青の夜。




           そして、今日は奥さんとともちゃんの結婚式がありました。
           おめでとうございますっ!!


          Erlanger Sternen Nacht

          0



             ↑ "ERLANGER"という名の地方紙。

             今日は「エアランゲン、星の夜」と銘打たれた夜市が街中で開かれます。
             それも23時まで!!
             多くの広場や通りで屋台や出店が催され、ステージではダンスが、そしてドイツ人の大好きな砂浜が雨の中登場しました。
             私はその一角、ヘアサロンが出していた特設テントの下、ヘアメイクをしてもらいました☆
             中はまるで成人式の日のような賑わい。
             スタイルは、かなーり奇抜。
             髪も顔もアジア人のものはヨーロッパの人のそれとは違うので大変かな?と思いましたが、そこはやっぱりプロ。
             自分では絶対に出来ない&やらないものにしてくれましたー。
             でもやっぱりアジアンイメージ♪

             その後は奇抜な集団でSteinbachへ。
             ビールを久しぶりに飲めて、ハッピーな一日でした。


             ↓ まるで芸者のよう。


             


            Visum!!

            0

               今日やっと、やっとビザを手にすることが出来ましたー。

               みんなには不法滞在になると脅され、レポーターが来たら証言してあげると言われ…
               けれど、もうこれで無問題♪


               いやぁ長い道のりでした。
               ドイツでは3ヶ月以内の滞在ならばビザ無しで過ごすことが出来ます。
               それ以上の滞在ならば、市庁舎へ行ってビザを取得しなければならないんですね。
               で、3月にも一度留学生でまとまって行ったのですが…

               書類が足りませんでした。

               学籍登録がまだ済んでおらず、これは皆が再提出を求められたのですが、私は財政証明書も無かった…
               いえいえ、あるにはあったんです。
               ドイツに来てから奨学金の証明書ではダメだということに気づいて、急遽母に日本の銀行で残高証明書を取ってきてもらったのに。
               日本語ではだめ、とのこと。
               日本の大使館で規定の書類を作ってくるか、ドイツの銀行に特別な口座を作らねばならないのです。
               一年分の滞在費を送ってもらい、口座を作り。

               そうして今日朝8時半に市役所へ!!
               この前せっかく行ったのに12時で閉まっていたため、今日は朝から準備万端で臨みました。
               ほとんど人なんていません。
               開いてる窓口も一つだけ。
               で、自信満々に書類を提出。

               なのに…
               書類が足りないわ、とあっさり。
               Sparkasse(銀行)に行き、書類を作ってもらおうとすると「手書きのメモで指示されても作れないから、タイプされた用紙をもらってきてね」と言われ・・・
               そんなこんなで3往復…
               市役所の方にも、銀行の方にも「がんばってね」と言われるほど要領の悪い手続きっぷりで、授業に間に合うはずもなく…

               それでも、なんとかビザは取得できたし☆
               これで本当に安心してドイツ生活を送れますー


              日本食の会

              0

                 あれ、食べ物つづき??
                 気にしなーい。
                 ご安心下さい。
                 もりもり食べて、今日も私は大きくなっています。



                 今日の晩御飯は…うどん!!
                 辛いもの、甘いものを食べてばかりなので、さっぱり味のものが食べたいーと思い立ち、うどんがあることを思い出しました。
                 今ある日本食の多くは父が送ってくれたものなのですが、日本を発つ際、母が持たせてくれた食料がまだ一部残っているんですね。
                 食べたいと思ったときが食べ時、と思っているのでえがとゆうなちゃんを誘い日本食の会を再結成。
                 ほうれん草といんげんを卵でとじて頂きました。
                 日本食は胃に沁み込みます〜


                 そして15日。
                 えががカレーを作ってくれました♪
                 第二回目!!
                 いやぁ、もう本当にお世話になってます。
                 ご馳走になってます。
                 色々と煮詰まっていたので、本当に救われました。
                 ありがとうっ、えがー!!

                 ↓ 日本産こくまろ。



                撮影@えが


                Chili con Carne

                0
                   

                   色合い悪っ…

                   明るいところで見ると、もっとキレイな赤です!
                   黄色のパプリカと、じゃがいも、たまねぎ、赤い豆にキャベツ。
                   野菜を摂ろうと思い、朝からチリ・コン・カーンを作りました。
                   余った分はお昼ご飯に♪
                   ちょっと辛かったけどlecker!!
                   ただ、お肉も入れた方が良かったかなぁ。

                   で、パンとりんご。
                   Hamburgにいた時、そこの先生に
                  「毎日りんごを食べてれば病気になんてかからない」
                   と、言われたのがずっと頭に残っていて、時々「あ、りんごを食べねば」という思いに駆られます。

                   

                  インスタント食品

                  0
                     

                     お湯を入れてー
                     よくかき混ぜてー
                     5分寝かせればー

                     あっという間にマッシュポテトの完成☆

                     50セント位だったかな?
                     味は少し濃い目だけれど、小腹が空いたときに食べるにはちょうど良いサイズです。
                     このシリーズは他にもパスタとか出していたけれど、その中に堂々入るマッシュポテト。
                     さすがドイツだなぁと思いました。

                    0

                       今、ドイツに来て初めての雷を経験しています♪
                       日本だと夏が来たー!!と感じるけれど、湿度も気温も低いせいか、ただ怖い…
                       びかびか稲妻が走るのを目にしてしまい、思わずカーテンを閉めました。

                       でも雨が降るのが遅くて良かった。
                       というのも、今日は寮対抗のサッカー大会があったからです。
                       えがに誘われ、ゆうなちゃんと連れ立って我が寮Jurius-Werdeを応援しに行ってきました。
                       まぁ勝敗はともかく(2-1で負け)、みんなの勇姿を見れて楽しかったです。
                       

                       そして夕食。
                       なんと、えががツナで炊き込みご飯を作り持ってきてくれました♪
                       美味しいー。甘やかされているなぁ。
                       えがのご両親からは正露丸まで頂いてしまい、本当にありがとうございます。
                       これで安心してお腹を壊せます!


                      Hochzeit in Hamburg

                      0
                         

                         Hey!行ってきました、Hamburg!!

                         8日の昼、Mariannaとその彼、Michaelと共にいざ出発ー。
                         お菓子とお水を持って、ちょっと遠足気分♪
                         Mariannaは日本にある私の所属大学に留学経験があって、日本語ペラペラ。今もガイドツアーの仕事で日本に行くことがあるって。そして出身のスロヴァキア語(die Slowakei)は勿論、ドイツ語、英語、韓国語、ポーランド語を操る多言語人です!おまけにジョークが上手い☆
                         Miche(Michaelはドイツに本当によくいらっしゃる名前)は笑い上戸。とにかく笑う、そしていたずらをする!Fürth在住で、ビール大好き♪
                         2人のおかげで本当に楽しいドライブ旅行になりました。ありがとうっ!!

                          風車。菜の花畑。牛。馬。また菜の花畑。
                         ちょうど咲く時期なので、鮮やかな黄色が綺麗な菜の花を横目にドライブできました♪
                         時速160km。早すぎです…
                         Mariannaの話によると時には渋滞も起こるらしいけれど、今回はラッキーなことに一度もつかまらずに済みました。
                         だから、常に時速160km。坂とか、雨が降ると時速140km。
                         速いよねぇ??
                         170kmを超えると、胸が軋みます。笑

                         しかし、そのおかげで6時間でHamburgに到着できました。
                         私の友人(新婦さん)の住まいはVeddel駅の近く、港の裏側です。
                         とっても素敵な住宅街なのだけど、昔は外国籍の住人が多くて、今はそこにドイツ人も入れて治安や地代の安定を図ろうという政府の意志のもと、学生には安く物件が与えられている場所だとか。
                         以前はAndreas(彼女の旦那様)が一人でこの3DKの広々としたお部屋に住んでいたというのだから驚きです。

                         で、玄関で彼女と再会。
                         日本で会って以来だから、2年振り?なんだか雰囲気が変わっていて驚きました。
                         あわてんぼうな所は相変わらずで笑いましたが、以前よりユーモア溢れ、気も使わせてしまい、大人になってると驚きました。いやぁ、知らなかっただけかも?
                         Andy(Andreas)とは初対面!
                         30歳なのに、童顔のせいか彼女と同い年くらいに見える。彼もまた
                         そしてJapanologieが多いせいか、パーティ中も日本語が耳に入ってくる!
                         ご飯は日本食で、流れる音楽も英語だったり、日本語だったり、ドイツ語だったり…
                         なんだか日本にいるようでした。
                         そんな中、結婚式の写真を見せてもらいました。
                         ドイツでは市庁舎での結婚式、教会式、披露宴の三段階があるそうで、彼女たちは7日に市庁舎での式を済ませていたんです。
                         初め式では、彼女はワンピースを、彼はジャケットを羽織ればいいや、と思っていたらしいのだけれど、家族の説得により着物とスーツに変更!
                         市庁舎での結婚式とは言っても、正装をし写真撮影もあるそう。
                         Sex and the Cityで見た市役所の式はスーツで出席し、紙にサインして終了!だったので、私もその話を聞いて驚きました。

                         その後ご飯をつまみつつ、Jens夫妻と歓談。
                         Jensは奥様のともこさんと、彼のご両親4人で先にHamburg入りをしていて、今日は市庁舎やMichael教会を見て回ってきたそうです。
                         だから寝不足。24時を過ぎた辺りから、彼は舟を漕いでいました。
                         ともこさんはJensと結婚して半年ほど前からドイツ語を勉強し始めたそう。
                         日本ではJewerlyShopで働いていて、その時からJensとは遠距離恋愛だったというけれど、今は彼のいるところなら何処でもいいということでドイツでの生活を決めたんだって。
                         ともこさんや彼女が一緒にいると国際結婚をする上での問題とかが話題にのぼり、苗字変更とか事務手続きとか聞いているだけでもなかなか興味深い内容です。

                         で、パーティも終盤に差し掛かると、贈り物をみんなで見ました。
                         伝統的な贈り物があるわけではなく、新婚カップルが欲するものをあげるのが慣わし。
                         特に多いのが、新居を構える上で必要になる電化製品や金券だそうです。
                         今回も8月に引っ越す彼女たちのために、IKEAの金券がメインでした。
                         PCゲーム好きなAndy(と、彼の影響でそのゲームを好きになった彼女)のために、Andy兄からは新作ゲームのプレゼント☆

                         披露宴というと日本の格式ばった宴のイメージがあったけれど、ホームパーティで友人に囲まれた今回のパーティはとても温かく、友人同士の距離も縮まって良い時間だなぁと思いました。
                         


                         そして翌日、9日はFischmarktへ行きました♪
                         睡眠、約4時間。
                         せっかくHamburgに来たんだから、とJensのご両親も合流し皆で観光です。
                         4組のカップルと、私。あれ?
                         ちょっと寂しかったなんて…そんなことないです…

                         Hamburugの一日乗車券を買った私たちは、電車だけでなく船にも乗れました。
                         港からU4の開通や再開発、観光客や高級住宅で賑やかな、横浜のレンガ街よりも大きなSpeicherstadtに移動。
                         ここにはMiniatur WunderlandやPavillonがあります。
                         Pavillonは昔の楽器の音が聞けるそうで、写真にあるラッパの先のような出っ張りに耳を当てると…
                         残念ながらお休みだったのですが、夏にまたトライしたいなー。
                         彼女が「cosmo好きそうだなー」って言ってたよ♪



                         Hamburgは水の匂いがするんです。
                         良い匂いも嫌な匂いもあるけれど、水のある風景や雰囲気は好きだなぁ。
                         市庁舎脇の川辺沿いにあるカフェで休憩し、旅路に着きました。

                         Erlangenに着くと、ほっとします。
                         自分の母国以外にも、馴染みの街があるというのは本当に素敵なことだなと今回の旅を通して感じました。
                         ただいまー!!


                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR